読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WBC ~ペナントレースと国際大会~

プロ野球

「嶋選手が怪我をしている」という情報を知った時、「ケガをしている1流を連れて行くくらいなら、元気な3流を連れて行けよ」と思いました。

 

それと同じ頭で、「けが」を理由に早々に代表を離脱しておいて「侍狩るぞ~」の柳田選手や、「開幕OK」のようで、球団イベントなどに参加している大谷選手を複雑な思いで見ている自分がいます。

 

大きく違うのは「離脱時期」と「期待の主力かどうか」だけなんですけどね。

 

嶋選手の代役は炭谷選手に決まりましたが、自分としては森選手を連れて行って欲しかったです。

 

炭谷選手は捕手しか使いようがありませんが、森選手なら外野も出来ますし左の代打としても期待できます。

 

高校時代、2年連続高校世界ベストナイン?に選ばれた逸材を、早くトップチームでも輝かせてほしい思いがあります。

 

西武の辻新監督には大きな期待をしています。

もちろん昨年終盤、捕手起用を増やしてくれた田辺監督への感謝もあります。

 

今回のWBC

 

自分はベスト4に進めたら大大成功。

1次リーグ突破で御の字。

1次リーグ3連敗で敗退でも、代表選手団を讃えます。

 

他競技の世界大会を見ても、成熟している競技であればあるほど、前評判通りの結果にはならないものだと思うからです。

 

第1回大会当時と比べて、他国の力は格段にアップしています。

 

力の差が狭まり、なおかつ野球という運要素の大きいスポーツをしているのですから、大番狂わせなんて日常茶飯事です。

 

結果次第でいくらでも手のひらを反すのが無責任な大衆というものですから、とにかく大きなケガなく、精一杯のプレーをしてきてほしいと思います。

 

もがく侍ジャパンを心から応援しています。

 

がんばれ!にっぽん!!

 

終わります。

最後まで読んで下さりありがとうございました。