読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の侍ジャパン ~僕が選ぶ14人~

今回も面白かったですね~「中居正広プロ野球魂」!!

 

前回の則本選手・松井裕選手に対する絡みや今回の阿部選手への絡みなど、2回連続で中居くんが不機嫌そうなのが不安になりましたがw

 

それだけ真剣にドラフトにのめり込んでるということにしましょう!

 

毎回選手といっしょに誰を獲るか考えながら、結果を見て「あーっ!」とか「ん~?」とか唸って楽しんでいますが、今回はブログをやっているので自分の侍ジャパンも書いていこうと思います。

 

先発 田中(NYY)

第2先発 和田(ホークス)

中継ぎ 田澤(MIA)

抑え 上原(CHC)

 

捕手 大野(ファイターズ)

一塁手 内川(ホークス)

二塁手 山田(スワローズ)

三塁手 村田(ジャイアンツ)

遊撃手 坂本(ジャイアンツ)

左翼手 筒香(ベイスターズ

中堅手 秋山(ライオンズ)

右翼手 鈴木(カープ

DH 大谷(ファイターズ)

 

プラスワン次世代枠 森(ライオンズ)

 

打順は

1. 山田

2. 坂本

3. 大谷

4. 筒香

5. 鈴木

6. 内川

7. 秋山

8. 村田

9. 大野

 

球界の若き主砲たちを5番まで並べて、それを内川選手・秋山選手・村田選手の確かな技術で支えるという打順にしてみました。

 

本当は角中選手(マリーンズ)や中村晃選手(ホークス)、青木選手(HOU)など、確かな打撃技術を持った選手も入れたかったのですが、角中・青木両選手は筒香選手と、中村晃選手は内川・鈴木両選手と本職がかぶるので選抜を見送りました。

 

現実の日本代表では、本職ではないポジションを任せるという事が行われていますが、自分は好きじゃありません。

 

ただでさえプレッシャーがかかる代表戦なので、出来るだけ負担は減らしてあげたいです。

 

同じ理屈で、普段スタメンで出るのが当たり前の選手だけを揃えるのは避けたほうがいいとも思っています。

 

以前川崎選手も「試合途中から参加する難しさ」を語り、城所選手を褒め称えていましたが、ユーティリティーというのも、ある意味「本職」のひとつと言えると思います。

 

なのでこのポジションで、是非ともイチロー選手に参加して欲しいです。

イチロー選手がいなきゃ、侍ジャパンじゃないです。

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。