読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年度版ジャイアンツ打線 ~1番打者に求めるもの~

プロ野球

 僕が1番打者に求める能力は、

1.出塁率の高さ(.360以上)

2.BB/K(四球÷三振)の数値の高さ(0.7以上)

の2つです。

 

陽選手を含めた2016年度のジャイアンツ選手で上記の基準を満たした選手は

1.坂本選手(.433)・阿部選手(.394)

2.坂本選手(1.209)・阿部選手(0.8)・片岡選手(0.75)

となっています。

 

ちなみに今年打撃絶好調だったカープには、出塁率.360超えの選手がスタメンに5人いました。(BB/Kに関しては、丸選手(0.785)と天谷選手(0.813)の2名でした)

 

出塁率とBB/Kがともに高い選手というのは「簡単にアウトを与えない優秀な選手」ということが出来ると思います。

 

こういう「相手にとって嫌な選手」にこそ、よりたくさんの打席を任せたいのです。

 

陽選手は、出塁率.359とほぼ基準を満たしていますが、BB/Kが0.347で振り回し過ぎの感があります。

 

これでは淡白な打席が増え、坂本選手の前にアウトカウントを積み重ねるだけになりかねません。

 

坂本選手以外で上記の基準をともに満たしているのは阿部選手のみなのですが、実績と脚の具合の悪さから阿部選手1番というのはありえないでしょう。

 

しかしながら、自分としては4番や5番に阿部選手を置いてしまうと、彼の能力をチームの得点に反映出来なくなるのではないかという危惧があります。

 

パワプロでシュミレートするならこの打順を試したいんですけどw

 

はぁ、パワプロ2016欲しいわぁ。プレステ3と一緒に・・・w

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。