読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽岱鋼選手、ジャイアンツ入り! ~打てるセンターラインの価値~

プロ野球

陽選手がジャイアンツ入団を公表しましたね。

 

陽選手獲得の報があって以降、来年のジャイアンツ打線予想から一度も陽選手を外さなかった自分としてはとても嬉しく思います。

 

昨年までのジャイアンツには、立岡選手・橋本選手・大田選手と、一時期に爆発的活躍を見せて夢を抱かせてくれる選手はいたのですが、いずれも怪我や弱点の露呈で安定した活躍とまではいきませんでした。

 

セカンドも、大好きな仁志選手を放出して以来埋まる気配を見せません。

 

西武の秋山選手が複数年契約を結んだように、希少性の高い「打てるセンターライン」は各球団早めに囲ってしまうことが多いように思います。

 

なのでFA補強に頼っていると、1B・LFや旬を過ぎた選手で溢れてしまいがちです。

 

そんななか市場に出た陽選手は、とても魅力的に映ります。

 

来季を30歳で迎える陽選手は怪我さえなければまだまだ期待できます。

 

35歳までの5年契約が報道通りだとしても、それほど的外れなものではないと思います。

 

なので5年間しっかり活躍してもらうためにも、首脳陣は陽選手の身体を第一に考えた起用をする義務が発生したと思います。

 

今年、ラミレス監督は筒香選手を適度に休ませながら起用していました。

 

僕は少しさびしく思うと同時に、すばらしい起用法だと思いました。

 

日本にはまだまだ「全試合全イニング出場することがレギュラーの義務」という風潮が根強いように思います。

 

しかし、それで翌年以降の出場試合が減ってしまっては元も子もありません。

 

全国から集まった選手という「宝」を大切に運用していく責務が、プロ野球球団にはあります。

 

陽選手にも、長くあの笑顔を輝かせてほしいです。

 

終わります。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。