読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラー心理学とバンプオブチキン ~モーターサイクル~

「あなたがいちばん好きな歌はなんですか?」と問われたら、

 

バンプオブチキンのStage of the groundです」と答えます。

 

いつの頃からか「世界の中心は自分の足下だ」と信じて疑わなかった自分にとって、

この歌の歌詞はそれを補足してくれるというか、共感してくれているような感覚がありました。

 

しかし、アドラー心理学では「世界の中心はあなたではない」という考え方なんだそうです。

 

『嫌われる勇気』という本を読み終えました。

 

読んでいる間は基本的に気分が悪く、嫌な気持ちでいながらも読むのを止められないwという状態でした。

 

読んでいて感じたのが「この考え方はバンプのモーターサイクルの歌詞に似ているなぁ」ということでした。

 

これから自分がアドラー心理学に惹かれて行くのかどうかはまだわかりませんが、

Stage of the ground発表から8年の時を経て発表されたモーターサイクルで、真逆とも思える世界観を作り上げた藤原さんにどんな心境の変化があったのかなって思います。

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。