読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷川会長辞任 ~無責任な批判が帰る場所~

渡辺竜王による三浦九段の不正疑惑告発に端を発した今回の一件。

 

谷川会長の辞任という形で一先ずは幕を引きそうです。

 

詳しいことは何一つわかりませんが、私は谷川会長・渡辺竜王を応援していました。

 

三浦九段がまったくの無実だとして、我々は「あらぬ疑いをかけられる」可能性から逃れることはできません。

 

今からのわたしたちに出来ることは、もしも「あらぬ疑い」を掛けられたとき「あの人に限ってそんなことはありえない」と思われるように日々を生きる以外にはないと思います。

 

相手がどう思うかは100%相手の問題なのでどうしようもない部分は多いですが、心掛けるしかないでしょう。

 

谷川会長は、棋士としての対局の合間に棋界全体のための仕事もせねばならず、大変とても大変な日々を過ごしてこられたと思います。

 

「持ってない」と思います。

 

黄金期到来かと思われた矢先「羽生世代」の到来を受け、七冠目を受け渡す役目も回ってきて、此度は未曽有の「カンニング問題」への対応。

 

谷川さんだけに苦労を掛け過ぎです。

 

トップとはそういうものかもしれませんが、谷川さんはまだまだ現役です。

 

やはり現役には重役はむずかしいのか。

 

 

 

今回の事件の最中、好き勝手に内情を漏らす方が何名かおりました。

 

相手を責めるのって簡単です。

 

簡単なうえに気分が良い。

 

世間からは正しいことを発信している「ヒーロー」のように扱われる。

 

「彼は勇気を持って踏み込んでいる。」「彼なら棋界を変えてくれる」

 

世間からの評価も上昇し、本人も気分アゲアゲなこともあったでしょう。

 

 

さて、問題はここからです。

 

事件が終息した後(のち)。

 

今回であれば、すぐに選挙が行われる模様です。

 

ここで批判の急先鋒に立っていた「彼ら」が立候補する勇気があるのかどうか。

 

ここにすべてがかかっていると思います。

 

野党が与党を責めるように、責任がない時に上げ足を取るのはとても簡単でなおかつ気分が良い!!

 

オナニーのようなものです。

 

そんな中、自分にお鉢が回ってきたとき、火中の栗を拾いに行く勇気があるかどうか。

 

我々は見ています。

 

公式アカウントでの執行部批判には勇気がいったことでしょう。

 

さてここからです。

 

それが本物であったか、またはただのフェイクであったか。

 

とても楽しみです。

 

終わります。

最後まで読んで下さり、有難うございました。

 

稀勢の里関 ~優勝と瞬間風速~

稀勢の里関が、横綱昇進を掛けた何度目かの場所を過ごしています。

 

琴奨菊関に敗けた9日目、今場所封印?していたアルカイック・スマイルが出ていたので、「だいじょぶかぁ?w」と感じていたら案の定敗け。

 

今場所カド番ながら成績を伸ばせずにいる琴奨菊関に対しての敗戦は、ずっと裏切られ続けているファンに対して「今場所もか・・・」と思わせるには十分な取り組みとなりました。

 

その後の白鵬関・鶴竜関両横綱の敗戦は唖然の一言。

 

「なんじゃこれは?」と。

 

それと同時に、最強を誇ったモンゴル勢に日本のホープたち、勢関・高安関が勝つというのは、こんなにも気持ちのいいものなのか?と感じずにはいられない1日でもありました。

 

横綱昇進には明確なルールはないと言われています。

 

「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」というのが一応の目安となっているようですが、そうでなくても横綱になった鶴竜関のような例もあります。

 

しかしこの目安、私はおかしいと思います。

 

この目安では、大関で2場所神懸れば横綱になれてしまうことになります。

 

大関昇進後の成績がボロボロの琴奨菊関や豪栄道関が、1度優勝しただけで「綱取り」が話題になったことからもそれは明らかです。

 

横綱に求められることとは、安定して強いことと他の基本となる取り組みを見せることだと思います。

 

白鵬関は確かに強い。歴史に残る成績を収め続けている横綱です。これは間違いない。

 

しかしながら、肘鉄をかます為の肘サポや懸賞金を受け取る時の「ドヤっ」行動など、行いが醜いことは疑いがない。

 

これは白鵬関ファンの方にも目を背けられない事実だともいます。

 

稀勢の里関が「ここ一番」に弱いことは承知の事実です。

 

ヤキモキします。

 

しかし、彼が残してきた安定した強さは、日馬富士関・鶴竜関に劣るものではなく、琴奨菊関・豪栄道関・照ノ富士関と比べられるようなレベルの低いものではありません。

 

彼の強さは「格が違う。」

 

「持ってない」と言えばそれまでですが、「持ってない」で片づけられるほど、稀勢の里関が残してきた足跡が儚いものだとは到底思えません。

 

法律が制定以前に適用されないのと同じように、これから出来るかもしれない新たな「昇進規定」が稀勢の里関に適用されないことはしょうがないと思います。

 

しかし、2度とこのような桁違いの大関が「大関止まり」になることのないよう、是非ともルールを改定してもらいたい。

 

まぁ、ここまで強い大関は、するっと横綱になるのかもしれませんがw

 

終わります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

誰かのために ~努力と罪悪感~

都道府県対抗女子駅伝ドカ雪でしたね。

 

中でも沖縄代表の方々にとっては、一生に一度の大雪体験になったのではないかと思いました。

 

それだけ酷い降り方をしていました京都は。

 

天気予報の「乾雪1mm」っていうのは「積雪10cm」って意味なんですかね?

 

のちに京都の天気を見て驚きました。

 

あれだけ降って「1mm」って表示されているんですよ降水結果に。

 

ありえないでしょう。

 

わたしの住む地域でもそんな感じがします。

 

「1mm=10cm」

 

笑えないですよ。本当に。

 

なにも求められていない除雪ですら大変そうな環境のなか、彼女たちは県を背負いタイムを競い、大変ですよ本当に。

 

今朝重いソリを引きずりながら、つくづく思いました。

 

「おれはスピードを求められてないんだな」って。

「待ってくれる次走者はいないんだな」って。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

天気恐怖症 ~恐れと真実~

生きてました!

 

息してました!!

 

大雪にぐったりしたりしながらも、結局息してました。

 

いまは、明日の都道府県対抗駅伝の足元を心配してます。

 

天気恐怖症になってしまう以前から、悪天候のなか行われる各種競技が嫌いでした。

 

特に甲子園とかなんてもう見てられませんでした。

 

球児たちは一応悪天候時の練習もしてきたことでしょう。

それは分かりながらも、一生に一度、ようやく掴んだ大舞台での試合をどしゃぶりの雨の中やらせるのとかもう大嫌いでした。

 

いま思えば、そのころから恐怖症の素養はあったんだなと思います。

 

明日は日本晴れとはいかずとも、「駅伝向きのお天気ですね」くらいの曇り空で彼女たちを走らせてあげたいものです。

 

 

 

にも関わらず、テレビや新聞・ネットは悪天候に対する恐怖心を煽っていますね。

 

「安心して行動してください」や「落ち着いてください」というものではなく、

とにかく「怖いぞ怖いぞ最強だぞ!」「苦しめ!怯えろ!おののけ!」というものばかりです。

 

恐怖でまったく見れてないのですべて想像ですがw

 

最近ではテレビだけだはなく、新聞のラテ欄すら怖くて見られなくなってきました。

 

すべてのニュース番組の内容欄に「最強寒波到来!!」とかなんとか書いてますからね。

 

だれも罰されないんだ。

 

やりたい放題書き放題煽り放題で、過ぎ去ったら知らん顔。

 

誰か責任取ってるんでしょうかね?

 

外れたことや煽ったことに対する責任。

 

かんべんしてつかーさいよ。

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

天気恐怖症 ~爆発~

天気恐怖症が高じて爆発しそうです。

 

自殺願望が高まり過ぎて、ここ数日「早く死にたい」以外の気持ちが浮かびません。

 

・・・、それは言い過ぎですが。

 

 

 

気象庁の天気予報というのは、超一流の専門家の方々が過去の統計に照らして発表しているのだと思います。

 

だから外れたとしても「外れたね」ということもなく、統計の一部になって未来に向けて積み重なっていくだけだと思います。

 

かわいらしいお天気お姉さんたちも、渡された原稿を読むだけでしょうから、いとも簡単に「落雷や竜巻にご注意ください」とおっしゃり、CM明けには笑顔で手を振っていることでしょう。

 

しかし、遠いこの地で死ぬような思いでそれを見ている人がいる。

 

逃げても逃げても逃れられない恐怖とともに息を殺している人がいる。

 

辛く辛く辛い。

 

過去に何度か親しい人に話してみたことがあります。

「天気が怖いのだ」と。

 

しかし面白いことに、誰もが冗談として受け取るのです。

 

半笑いで。

 

他人の恐怖なんてこんなものでしょう。

 

自分もそうです。

 

他人に対して簡単に「なにが怖いの?」「考えすぎだよw」

 

いま思い出しました。

 

自分が恐怖を感じていないことには、いとも簡単に笑って返せてしまうものなのですね。

 

ここから数日、恐怖と自殺願望とともに生きます。

 

終わります。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

寒さの感じ方 ~ヒーターvsエアコン~

あけましておめでとうございます!

 

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?

 

私はすっかり太りました~w

 

きょうからナチュハイ生活復帰です!

 

さて、タイトルの「寒さの感じ方」の話に入ります。

 

ブログでも何度か触れてきたとおり、私の住んでいる地域は雪国です。

 

わが家にエアコンはなく、ストーブの設定温度を20度前後にして暮らしています。

 

本当はもっと上げたいときもたくさんありますが、灯油代節約のために我慢しています。

 

しかし、節約のためとはいえ、室内でコートやマフラー、手袋をしようとは思いません。(これはわがままなのでしょうか?)

 

厚着をすればいいのですが、体質上あまり厚着は出来ません。辛くなります。洗濯物も増えます。

 

先日、知人の家におじゃましました。

 

家に入って早々コートを脱ぎこたつに入ったのですが、あきらかに部屋が寒いのです。

 

見渡すと、暖房器具がないっ!

 

エアコンがずっと唸っていて、こたつがあるのみです。

 

あきらかに寒い。しかしそれを言い出すほど仲は良くないw

 

結局その晩はそこに泊まったのですが、生まれて初めてコートを着てフードをかぶったまま眠りましたw

 

自分が暖かい環境に慣れ過ぎているのか?それとも冬の夜はコートを着て眠るのが普通なのか?(掛布団を出すでもありませんでした。)

 

なんとも心地の悪い夜でした。

 

「あたりまえ」はそれぞれの中に存在するものなので良し悪しはありませんが、わたしの「あたりまえ」は「普段は節約のために肌寒くしていても、ゲストがいる時にはゲストの居心地を優先する」というものです。

 

これは親戚や友人など、近い関係の人でもです。

 

まぁ、他人に多くを求めすぎですね、わたしは。

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ナチュラル・ハイジーン的生活継続中 ~6週間で-5.95キロ~

大晦日になりました。

 

今朝はドカ雪だったので、川へ16回運んできました。(今季最多!!)

 

除雪の間も大粒の雪が降り続いていて、ジャンバーも顔も手袋もビショビショで、なんか疲れましたw

 

11月15日から始めた「ナチュラル・ハイジーン的生活」ですが、今日まで続けられたことは奇跡だと思います。

 

それだけ自分に合った食生活を送れていたのではないかとも思います。

 

途中、親戚が遊びに来たりクリスマスがあったりで、その間は好き放題飲み食いしていたのですが、結果的には1週1キロのペースで減量が続いています。

 

BMIでも、ついに肥満を脱することが出来ました!!!

 

2016年中になんとかと思っていたので、昨日の計測で肥満を脱したときはかなり喜んで除雪に向かいましたw

 

今夜からの数日間、また好き放題飲み食いすることになりますが、来年以降もこの生活を継続していき、まずは69キロを目指していこうと思っています。

 

終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

よいお年を。