AKB48第9回選抜総選挙総括 ~話題性と笑い~

荻野由佳さんが何位になるのか?

 

これが唯一の興味でした。

 

結果は見事5位。

 

4位や6位では半端すぎて良くないと思っていたので、5位という順位はすばらしく感じました。

 

18歳という年齢には驚きましたが。(14歳くらいだと思っていました。外見を見て。)

 

とても美しい人だと思います。

 

これからのNGT48を引っ張る一人として、とても心強いメディア露出の機会であったと思います。

 

それにしても、HKTの指原・NGTの北原・Qさまの大家・総監督の横山と、地方組のAKB背負い感強すぎ(笑)

 

それぞれが誰も真似できない存在感を出していますよね。

 

恐ろしいですし、頭が下がります。すばらしい。

 

 

 

横山総監督の挨拶には、心底ガッカリしました。

 

もちろん、肩書だけの彼女の影響力が及ぶ範囲の狭さは想像できます。

 

どんなに頑張ろうと、初代総監督の足元にも永遠に及べないことでしょう。

 

しかしながら、今回の失態は「すいませんでした」で済む出来事ではありません。

 

「天気のことは誰にもわからない」「しょうがない」

 

それはそうでしょう。

 

しかし、動く金銭の額を考えても、「しゃーない」で済むものではありません。

 

そのあたりに関する「浅はかさ」が透けて見えてしまった現・総監督の挨拶となりました。

 

指原に「申し訳ありませんでした」と頭下げさせてどうするんですか。

 

とても残念でした。

 

てっきり丸坊主で出てきて土下座謝罪から始まるものと思って見ていました。

 

それがまさかの徳光さんイジリからの入り。

 

「これがAKB48の2代目総監督なんだ。」

 

約束?した「東京ドーム公演」も、「自分の希望ひとつでどうこう出来ることじゃないじゃん」という、なんとも意味のわからない「約束」となりました。

 

 

今回の総選挙、一番の話題は「まゆゆ卒業!」だったはずでした。

 

まさか須藤が、もっともっとドデカい爆弾を落とすとは・・・

 

メンバーからの「おめでとう!!」にも薄ら寒いものを感じました。

 

アイドルの恋愛話が出ると、決まって「年頃の女の子の恋愛を禁止するなんて間違ってる」とか「うぶさばかりを求められてもねぇ」などと、したり顔をした気持ち悪い勢力が湧いてきます。

 

なにかをわかった気になっていきがっている人々。

 

自身は「酸いも甘いも経験している」アピール(笑)

 

「小金稼ぎのコメンテーター」はその程度で仕方がないという気持ちもありますが、メディアに出る以上、最低限AKB48グループとうものを理解してから出てきてほしいです。

 

自由に恋愛しまくって、ファンが貢いだ金で男に抱かれまくっている少女たちを誰が応援するんですか?

 

わかった気になってコメンテーター(笑)してるんだったら、賢いつもりでいるんだったら、その辺もわかってくださいよ(笑)

 

良い家に生またか良い大学出たか大金持ってるかしてるんでしょう?

 

その点、高橋朱里岡田奈々の両名がした挨拶は素晴らしかった。

 

無観客だったことが幸いした名スピーチであったと思います。

 

女子だけの部活の殺伐感というか(笑)

 

 

 

スキャンダルメンバーが中心を担っていく形はこれからも変われないでしょうか。

 

まゆゆが最後まで中心になれなかったように、ようは総合プロデューサーが推すか推さないかがすべてのグループですから。

 

彼らの「おもしろい」と、素人が考える「おもしろい」は永遠に交わることがないものなのでしょう。

 

精々面白がって、先駆者ごっこを続けて欲しいと思います。

 

 

 

終わります。

最後まで読んで下さった方、変なものをお見せしました。

祝、継投ノーノー達成!! ~しかし消えない2B問題~

6回。

 

明らかに疲労の色が見え始めた山口俊投手。

 

「替え時だ。・・・しかしノーノー真っ最中&今の巨人に勝ち継投は2人しかいない。

どうする由伸!?」

 

3番中村晃から始まる7回表。

 

最強セットアッパー・マシソンへの継投は正解だと感じました。

 

低めへの速球の角度が、とにかく美しい!

 

数年前のメッセンジャーみたいに美しい!

 

でもですよ?でも!

 

継投マシソンにはそんなに良い思い出はない!!

 

「これは、危なくなったらカミネロかな?」

 

・・・、危なくなりませんでした(笑)

 

見事に8回を抑えて見せたマシソン投手!!

 

凄すぎましたよ。

 

ジャイアンツのゴタゴタに振り回されながらのパーフェクトピッチ。

 

お見事でした。

 

そして9回。

 

外国人枠騒動からようやく解放されたカミネロが登板しました。

 

わたしはまったくの野球素人なので配球の良し悪しはわかりません。

 

しかしながら、159キロを投げる投手に対しても外角中心なんだなって。

 

結果、ノーノーを一人で導き抜いた誠司小林のリードは正解だったんです。

 

でも、外角中心がかえってリードの幅を狭めているように感じました。

 

159キロのカミネロだからですよ!?

 

小林捕手のリードを非難する気は微塵もありません。

 

 

 

打つ方では、キャプテン坂本の見事なレフトスタンドへの2本のホームラン!

 

ど~も不自然な右打ちが目についていた坂本の打撃。

 

「今年はこれでいくのかな~」と諦めていた矢先の2ホーマーとなりました。

 

まるで31ホーマー時代の坂本を見ているようなレフトスタンドへのホームラン。

 

川崎球場での落合選手。「ここでのホームランの打ち方ならわかってる」と言わんばかりの豪打を見せたことを思いだしました。

 

当時の坂本選手は「東京ドームのホームランの打ち方ならわかってる」という感じでした。

 

しかし当時の自分は、「外野フライがホームランになるような球場は最悪だ。坂本のドームランなんてホームランじゃない」と思って見ていました。

 

技術の高さも解せず、本当に稚拙です。

 

自分の愚かさはさて置き、うれしいのは今夜の坂本の飛距離ですよ!

 

31本当時のギリギリではないんです!!

 

東京ドーム中段から上段ですよ!?

 

最高にかっこいいキャプテン坂本のホームランでした。

 

 

 

さてここから漸く今回のタイトル「2B問題」の話が始まります。

 

正直、辻が上がった時点で、しばらく山本の昇格は諦めていました。

 

でもジャイアンツは山本を昇格させてくれました!

 

今年の山本の成績は、最早2軍ですることはない成績です。

 

そう、今年日ハムで開花を今や遅しと待つ大田泰示の巨人2年目のように・・・。

 

 

 

いろいろな考え方や事情があったことでしょう。

 

しかしながら、あれ程の成績を残した高卒ドラ1に対して与えられたチャンスが6打席とは!!!!

 

2度と、あんな過ちを繰り返してほしくはないです!

 

だから、今回の山本にはまとまったチャンスを与えて欲しい。

 

ようやく巨人のセカンドを務められそうな才能が巡ってきたんです!

 

ダメならしょうがないです。しかし、きょうの無安打で「あぁこれはダメだわ」とはならないで欲しいです。

 

昨日のバントは巧かったし、あわやホームランの打撃も見事でした。

 

きょうだって進塁打を打てていましたし、守備だって問題なくこなしていました。

 

 

 

1軍のスタメンはスーパースター揃いです。

 

ベテランも新人もない。スーパースターのせめぎあいです。

 

しかし、きょうの試合で嬉しかったのはSS坂本の送球スピードです。

 

 

 

2B山本は、まだまだ1軍実績のない選手です。

 

その山本に、坂本は結構激しい送球をしていました。

 

山本はそれをすべて捌ききり、時には1Bへ送球していました。

 

山本はまだまだ使う価値があります。

 

攻守に見所を見せています。

 

まだ、辻と左右でプラトーン起用は早いです。

 

大卒2年目で大爆発した現アストロズ青木と一緒だとまではいいません。

 

しかし、打者の有望株皆無の巨人を作り直す起点は、山本の起用法如何にあると今は感じるのです。

 

育ち盛りの有望株に、どれだけ1軍に慣れる機会を与えられるか?

 

山本には是非このチャンスをモノにして欲しいし、首脳陣はもう少し待って欲しい。

 

待ってくれると信じて楽しみにしています。

 

終わります。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

 

 

 

 

交流戦 ~橋本&クルーズ昇格!美しい2塁守備を見せるも・・・~

マシソンあんなに打たれるか~~~(泣笑)

 

自分としてはセットアッパー重視派なので、カミネロ降格後は池田にクローザーを任せる考えでした。

 

でもおととい先発で好投しちゃってるんですよね~w

 

桜井でもおもしろいです。

 

まだまだ不安定で信用を構築している真っ最中ではありますが、背中に雰囲気を持っています。鋭い雰囲気。

 

優秀な若手中継ぎって案外クローザーが務まってしまうイメージがあるので、マシソン配置転換よりはいいかなぁって思ってました。

 

まぁでもマシソンほどの強力リリーバーがいたら、クローザー移行が普通ですか。

 

 

 

昨夜の解説は原前監督で、声を聴いた瞬間うれしくて「うぇっ!!!」って叫んでしまったのですが、すでに解説者になられて長いんだから別に不思議なことではないんですよ(笑)

 

だから、激しいリアクションをした自分にすこし呆れましたw

 

原「いまのはハーフスイングですねえ。ぶるんって音が聞こえました」には笑わせてもらいました。

 

「陰の中にようやく陽が入った」も、一瞬陽が昇格したと勘違いしてんのかと思いましたw

 

すぐに合わせた河村さんさすがでした。

 

 

久しぶりに見たクルーズは「あれ?そんなにベースから離れてそんなに開いて打ってた?」というかんじで「外角届くんか?」と思ってみていたら、西の外角ボールのスライダーを思いっきり空振りしていて「こりゃダメだわ」と笑いました。

 

しかし守備は美しい。

 

範囲は狭いようで指標もさえませんが、取って投げて1Bに届くまで怖い中井・脇谷と比べての安心感は絶大なものがありました。

 

打てない守れないよりは、守れるところを見られるだけでも幸せ。

 

 

大幅に入れ替えてきた打順ですが、1番坂本ってやっぱりいいですよ。

 

「うわもう坂本かよ!」感が強いです。

 

2番橋本は立岡・中井よりずっと上位向きの打者だと思っているので、きのうこそ結果を出せませんでしたがもうすこし見てみたいですね。

 

マシソン大量失点での敗戦は大きな衝撃となりましたが、打線が少し期待できる気がするのでこれからも楽しみです。

 

終わります。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

交流戦開始 ~たまらん(笑)~

菅野と秋山がボッコボコ(笑)

 

たまりません!!!

 

巨人ファンなので負けちゃってはいるのですが、楽天打線がすごい。

 

茂木が菅野のインハイをフルスイングでヒットですからね!

 

たまらんです!

 

なんて言ったらいいんでしょう?

 

スカッとするような倒され方!

 

内川が以前言ってましたが、そんな感じがします。

 

菅野を「井の中の蛙」とは言いませんが、ウィーラーに2ラン、グランドスラムと浴びるあたり、「セ界は狭いな」と。

 

今季初昇格の山本は、ビッグチャンスでどちらも結果を残せなかったあたり、「もってないな」。

 

やはり「打てない」巨人打線をバックに投げる菅野は、初回から鬼気迫るものがありました。

 

間違いなくかっこいいんですが、重すぎる。

 

菅野も重いし、打線も重い。

 

互いに背負い過ぎている。

 

「エースだから負けるわけにはいかない。」

「菅野で負けるわけにはいかない。」

 

重すぎる。

 

160キロ出るカミネロがすごいのはわかりますが、セーブ機会までもっていくには

それなりの打線と守備力が必要です。

 

中井くらい固定する気概があるのなら山本でもいいですが、そうでないならクルーズ昇格がふさわしかったと思います。

 

とにかく、「1点取られたら負け」のような野手編成は、投手の精神衛生上よくないです。

 

仁志・清水時代から連綿と続く「1.2番軽視」が終わる日が来ることはあるのか?

 

「由伸1番」の当事者であらせらる現監督が、どう動いてくれるのか。

 

楽しみに待ちます。

 

終わります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

楽天イーグルス、新打順の提案

2017年序盤は、とにかく楽天が強いですね。

 

投手が4失点以下に抑えた試合が17勝3敗ということで、チームの雰囲気もいいのではないかと思います。

 

岸の加入によって、則本との2枚看板&西武の弱体化を計れたのは大きいとシーズン前は感じていましたが、まさかこんな打線を組んでくるとは想像していませんでしたw

 

「2番強打者説」がずいぶん有名になり、極端なバント専を置いてくることがずいぶん減ってきたとは思いますが、未だに昔ながらの「打順には役割うんぬん・・・」という固定観念が、特に解説者を中心に根強いです。

 

その点MLBの解説もされる小早川さんは、先日の楽天戦で「(ペゲーロを2番に置くという事は)一挙に得点という事もあるし、今のように(バントで)送れないこともある」と理解を示されていたように感じました。

 

 

 

いまの楽天打線の特徴は、これまでの3~6番を1~4番に置いている点が最も注目をひきます。

 

メジャーっぽいですよねw

 

こういう打線をしれっと組んでくれた梨田さんなのかフロントなのかはわかりませんがすごく感謝しています。

 

ゲームでは出来ますが実際試してはなかなかくれないですもんねw

 

しかも結果が出ているのがうれしい!!

 

しかもさらに恐ろしいのが5~9番の出塁率ですよね。

 

捕手の足立こそまだ良くありませんが、それ以外は最も低い島内ですら.350。

 

あとは全員.380越えですw

 

どのチームに行っても立派な1.2番になれる出塁率ですよね。

 

この下位打線が出塁しまくって、茂木ペゲで還しまくる。

 

恐ろしい打線ですよ。

 

しかし5~2番がすごければすごいほど、3.4番の絶不調っぷりが目立ちますよね。

 

ここに別の打者をいれていれば、楽天はもっとぶっちぎっていたはずです。

 

打線を自ら分断する利点はないはず。

 

そこで、ようやく今回のタイトル「新打順」を提案します。

 

1番SS茂木

2番RFペゲーロ

3番CF島内

4番3B今江

5番1B銀次

6番LF岡島

7番DHアマダー・ウィーラー

8番2B藤田

9番C足立・嶋

 

です。

 

出塁率をみると、1.2番に岡島・藤田を置いて茂木ペゲ銀次今江で還すという従来の考え方のほうがしっくりきますが、今の打順で好調を保っている選手を動かしたくないという気持ちが大きいです。

 

3番起用の島内は、いまの成績も素晴らしいですが、もっともっと期待できる打者です。

 

4番起用の今江は、経験値を重視しました。

4番って、何かと考えてしまう選手が多いように思うんです。2番と一緒で。

なので経験豊富な今江にお願いしたいです。

3Bが出来ないならDHで出てもらい、3Bをウィーラーと日本人で争ってもらいます。

 

開幕から3.4番を任されてきたウィーラー・アマダーは下位へ。

大きな期待は出来ないけど、気の抜けない下位打線を構築して、常に相手投手を疲れさせる効果を期待しています。

 

3~5番に巧打者を配したことによって、残塁が減りストレスが軽減されるのではないでしょうか。

 

すぐに打順が変更されることはないのかもしれませんが、ウィーラーはずいぶんストレスが溜まっているようなので、気分転換させてあげたほうがいいと思います。

 

とくに子供の目が増えるゴールデンウィークデイゲームで、バットやヘルメットにやつあたりする姿はいいものではありませんでした。

 

昨日楽天に敗けはしましたが、オリックスは打順を変えてきましたね。

 

絶好調のT-岡田を、これまた好調の小谷野・中島で挟み、絶不調の安達に見切りをつけ下位に、そしてついにブレイクなるか駿太を1番に。

 

やはり中軸の分断は危険ですよ。

 

士気にも関わると思います。

 

柔軟に打順を組み替えてくれると、見ていて楽しいですよね。

 

終わります。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

天気恐怖症 ~連日はズルい(涙)~

おととい、雷注意報を見て、一日中暗い気持ちで過ごしていました。

しかし雷は鳴りませんでした。

 

きのう、雷注意報を見て、一日暗い気持ちで過ごしていました。

よる、ことし初めての雷鳴を聞きました。

急いで耳栓をして、布団をかぶってなんとか逃れました。

 

けさ、雷注意報を見て、これからの一日を暗い気持ちで過ごします。

 

連日は辛いしズルい。

 

普通の人になりたい。

 

逃れるには自殺しかない。

 

 

祝!稀勢の里2場所連続優勝!!! 

驚きました。

 

きょうは、「照ノ富士が勝った時点でテレビを消そう。」

 

そんな気持ちでした。

 

13日目までの強い強い照ノ富士を見てきたので、「万全の稀勢の里でも厳しい勝負になる。なのに手負いの状態では・・・」と思っていました。

 

照ノ富士。変化なんてしなくても普通にやれば倒せるんだから、変なことだけはしないでくれ。」と

 

願っていました。

 

結果はまさかの、稀勢の里側の2連続変化。

 

14日目の照ノ富士を責めるなら、千秋楽の結びで変化をした横綱も責められてしかるべきだとは思いました。

 

もちろん稀勢の里が勝ったことが1番嬉しいのですが。

 

しかし琴奨菊戦でも感じましたが、「変化は食う方が悪い。」

 

事実、きょうの照ノ富士は、2連続変化両方にしっかり着いて行っていたように見えました。

 

高安にも今場所、2晩連続で変化をされつつ勝った取り組みがありましたが、強い力士というものは変化に敗けませんね。

 

サンデースポーツ稀勢の里が言っていましたが、「左が使えないので、使える足と右をつかった」というのは、あたりまえだけどなかなか出来ることじゃないなと思いました。

 

君が代中の稀勢の里の涙も良かったですが、支度部屋で泣いている高安もめちゃくちゃ可愛かったですね。

 

稀勢の里も高安を笑うでもなく「(泣いてくれたことは)うれしい」とはっきり言えるあたり、本当にいい兄弟関係を築けているんだなと、あらためて感動しました。

 

照ノ富士は本当に残念でなりません。

 

14日目の変化がなければ、あの可愛い笑顔で写真におさまっていたはずでした。

 

あの変化で、完全に大阪を敵に回してしまったように思います。

 

正直、優勝インタビューが怖かったです。

 

あの静寂の中、若い大関にどんな汚い言葉が投げつけられるのか、見ていられませんでした。

 

きょうの稀勢の里の変化だって、照ノ富士がついてきてくれたから勝負になりましたが、もしすぐに転んでいれば、世間のこころはだいぶ違ったものになっていたような気がします。

 

みんなが痛みをおして土俵に立っている。

 

そのなかで、歓喜を呼び起こす変化と罵声にまみれる変化がある。

 

考えてしまいます。

 

稀勢の里照ノ富士も、5月までに怪我が完治するように願っています。

 

15日間おつかれさまでした。

 

興奮をありがとうございました。

 

終わります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。